日ナレ

日ナレ進級審査・関連オーディションに合格して声優になるには!

憧れの声優を目指して、日ナレに入所した。

または、してみようかなと思っている。

 

けど、「どうすれば声優事務所に所属できるの?」

「進級審査、関連オーディションってよく聞くけど何? どういうことするの?」

 

そんな疑問にお答えします。ぜひ参考にしてみてください。

 

日ナレ進級審査って何?

日ナレは、基礎科(初級)、本科(中級)、研修科(上級)とあり

それぞれの学科でレッスンの内容が異なります。

入所してまもないころは基礎科、進級審査に合格すると本科、研修科へとレベルアップします。

 

そう、進級審査とは、上級クラスへ進むための試験のことを言います。

 

その試験がいつ行われているかというと、毎年1月に行われています。

さらに1年に1度しか行われないんですね。

ですので、1年間学んで来たことを存分に発揮しましょう。

 

また、この進級審査は関連オーディションの一次審査でもあるため

かなり大切な試験となっています。

ちなみに関連オーディションとは、後で詳しく説明しますが

日ナレのグループ会社(事務所、プロダクション)へ所属するためのオーディションです。

 

関連オーディションの三次審査まで合格すれば晴れて声優事務所へ

所属し声優になれるということです。

 

この進級審査の結果は3パターンに分かれます。

・関連オーディションの一次審査合格

・1つ上のクラスへ進学

・現在のクラスに残留

やはり目指すところは、関連オーディションの一次審査合格ですね。

 

ところで、関連オーディションの一次審査には、基礎科、本科でも合格するの?

と疑問に思うかもしれませんが、もちろん合格します。

ここで関連オーディションの一次審査に合格できれば

飛び級をして、夢の声優に早くなることができるということです。

 

審査内容は?

そんな大切な進級審査の内容ってどんなの?と気になるかと思います。

進級審査には、先渡し課題当日課題の2つがあります。

それを審査員2~3人の前で披露するというものなんですね。

 

それでは、2つの課題内容について詳しく書きたいと思います。

まず先渡し課題とは、名前の通り事前に課題が渡されており、それを発表するものになります。

その課題は審査の1ヶ月前、つまり12月に渡されます。

 

気になるその内容はというと、滑舌課題セリフ読み自己PRの3つです。

レッスンでやっていると思いますので、本番で実力を出せるよう頑張ってください。

時間は1ヶ月間あるので、じっくり練習していきましょう。

 

次に、当日課題とは審査日当日に課題を与えられ、演技するというものです。

この課題は毎年違う課題が与えられます。また同じクラスでも違う課題が与えられるようです。

当日になって初めてその内容が分かるので、とても緊張すると思いますが冷静に対処しましょう。

 

アドリブも多い声優業界、その臨機応変な対応力を審査員は見ているようです。

ここで上手く演じることができれば、評価も高くなると思います。

焦らず、いつも通りの自分をアピールしましょう。

 

その内容としては、セリフ課題はある可能性が高いですが、

過去にはフリートークやモノマネが課題となった年もあるようなので、

何が来ても大丈夫としておく必要がありますね。

 

まとめ

・審査は先渡し課題と当日課題の2つ

・先渡し課題の配布は1ヶ月前(12月)→滑舌課題、セリフ読み、自己PR

・当日課題では、柔軟な対応力が必要

 

進級審査を突破するには?

1年間の集大成を披露する場である進級審査を突破するにはどうすればいいのでしょうか。

一次審査を合格するには、3つの推薦の内どれかが必要になります。

・講師推薦(日頃のレッスン時の評価)

・当日推薦(審査当日の評価)

・事務局推薦(レッスン時にたまに見に来る事務局の方の評価)

 

当日推薦以外は、日頃のレッスンの様子を評価されるので

日頃からコツコツ努力することが合格への近道となりますね。

 

また、声優はマネージャーなしで現場に行くこともあります。

普通ならマネージャーがやってくれるであろう会場のセッティング等も

自らやらないといけません。

 

ですので、講師の方は声優としてのスキルはもちろんのこと

レッスン後の片付けやコミュニケーション能力等も見て総合的に判断しているようです。

つまり人としての人間力も見られているということですね。

 

ちなみに結果は、最終審査終了後の1~2週間後に来るようです。

そこで二次審査への切符をつかむか、上級クラスへ進級 or 残留がわかります。

悔いの残らないよう、精一杯がんばってください。

 

日ナレの関連オーディションって何?

関連オーディションとは、日ナレのグループ会社に所属するためのオーディションです。

(養成所⇒事務所に入るためのオーディションのこと。)

ちなみに、日ナレグループ会社は以下の6つです。

・アーツビジョン

・アイムエンタープライズ

・クレイジーボックス

・ヴィムス

・アライズプロジェクト

・澪クリエーション

 

合格すれば、この6つの事務所のどこかに所属できます。

また、このグループ会社に所属したければ日ナレに入所するのが1番です。

日ナレ以外からはあまりとっていないそう。

 

日ナレに入所して声優になるためには、この関連オーディションに合格しなければならないということですね。

ちなみにこのオーディションは三次審査まであります。

それを勝ち抜けば、夢の声優になることができます。

 

ではさっそく、気になる審査内容について見ていきましょう。

関連記事

日ナレ卒業生まとめ!事務所の預かり所属や声優になれる確率は?

 

一次審査内容は?

一次審査は、先ほども書いたように進級審査のことを指します

ですので審査内容としては、先渡し課題当日課題の2つです。

日頃の努力を存分に発揮しましょう。

 

二次審査内容は?

見事、一次審査に合格することが出来れば二次審査へと進みます。

二次審査では、

・プロフィール

・自己PR動画

・ボイスサンプル

を関連事務所へ送ります。

それらを各事務所の方が精査し、三次審査(最終審査)へ進む人を決めます。

 

1社から連絡が来る人もいますし、6社全部からお声がかかる人もいるようです。

1社から連絡があるだけでもすごいですが、6社からきたらものすごく嬉しいですね。

 

事務所へ送る各項目についてですが

まず、自己PRでは、いかに審査員に目にとめてもらえるかが重要となってきます。

他人と同じようなありきたりなものではなく、自分の個性を存分に出すことが大切です。

 

プロフィール、プロフィール写真も就職活動のエントリーシートの様に

お堅いものではなく、自分らしいもので勝負するといいと思います。

 

ボイスサンプルでは、レッスンで見つけた自分の長所を存分に表現しましょう。

変に作ってしまって、文章を読んだだけになってしまうことは避けるようにし、

何度もとりなおして、悔いの残らないよう最高の出来のものを送りましょう。

 

とにもかくにも、二次審査では事務所の方に「おっ、この子なら」と

思ってもらえるようなものを送れるといいですね。

自分の長所を最大限に活かして合格をもぎとりましょう。

 

三次審査内容は?

各事務所からお呼びがかかったら、いよいよ三次審査(最終審査)です。

最終審査は、各事務所によって内容が異なります。

ここまで合格できたことを信じてがんばりましょう。夢の声優まであと一歩です。

 

やはり、面接では第一印象がとても大切です。

自分が行く事務所のことを調べて、洋服、メイク等決めていきましょう。

等身大の自分を表現して、悔いの残らないよう全力で取り組んでくださいね。

 

まとめ

・関連オーディションは、日ナレのグループ会社へ所属するためのもの

・一次審査=進級審査

・二次審査:プロフィール、自己PR、ボイスサンプルのよる審査

・三次審査:各事務所での面接及び実技

 

審査で見られるポイント・合格のコツ

合格のコツとしては、「日々のレッスンを怠らない」これに限ります。

一次審査を通過するには、講師推薦を得るのが一番です。

そのためには、コツコツ努力するしかありません。

レッスンの時間は3時間と短いです。自主練も積極的に行うといいですね。

 

審査では、声優として必要な滑舌、発音、演技力、ルックス等を評価されます。

あと、大切のなのは「個性」「スター性」です。

自分の個性を全面的にアピールしてください。

 

また、審査は1月にありますので体調管理は十分に気を付けてください。

緊張も味方につけることができれば、きっと大丈夫です。

一年間の集大成を見せつけてやりましょう。

 

気になる合格率は?

審査内容は分かったけど、いったいどれくらいの人が受かるの、ということですが

進級審査=一次審査に合格する人は、クラス平均2,3人と言われていますが

クラスから6人、逆にクラスから0人というケースもあったようです。

 

一次審査に受からなかったけど進級できる可能性は全然あります。

基礎科→本科は、クラスの3分の2程度受かります。

本科→研修科は、2分の1つまり50%程度です。

 

関連オーディションの一次審査から三次審査まで全て合格し、

見事事務所へ所属できるのは、全体の1%程度だそう。

狭き門ではありますが、日々の努力は裏切らないのでコツコツやっていきましょう。

 

まとめ

憧れの声優になるためには、狭き門をくぐる必要があります。

その門をくぐるには、毎日コツコツ努力することが一番の近道です。

諦めずにがんばってください。

あなたの声をいつかどこかで聞くことを楽しみにしています。

 

まとめ

・進級審査とは、学ぶ学科をレベルアップさせる試験

・関連オーディションとは、関連会社へ所属するための試験

・関連オーディションは、一次、二次、三次審査あり

・全てに合格すると、事務所へ所属

まだ日ナレに入っておらず、受けようか迷っている人も見てるかもしれませんね。

そんな方がすべきはとにかく資料請求です。

ネットの情報の多くは”広告収入目的のステマ”です。

その点、日ナレ本校から貰える資料は紛れもなく本物の情報。

こちらの公式サイトから30秒程度の入力でweb上から請求できます。

無料でパンフレットを貰う

*上記にアクセス後、画面右上の資料請求(無料)というオレンジ色のボタンをタップすると資料請求画面にいけます

-日ナレ

Copyright© 声優養成所選びの教科書!失敗しない声優学校ランキング , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.